世界に笑顔がこぼれる食卓を
食卓に笑顔がこぼれれば、ほんの少しの時間かもしれないし、小さい数人の空間かもしれないけど、そこには平和が生まれるんじゃないかな。
もしそんな食卓が、世界中に広がれば、世界はきっともう少しだけ平和になるんじゃないかな。

そんなことを思いながら、ただ単純に

「おいしい」って自然と言葉がこぼれ落ちるような
そんな野菜作りをしたらいいんじゃないかな?と
肩ひじ張らずに
シンプルに


ほぼ毎日更新の鎌塚農園の様子は

野菜などのお問い合わせは

2013年4月30日火曜日

太陽のエネルギーってのは偉大だね。

ここ数日、暖かいを通り越して、暑い。

日差しが、痛い。

そんな日々が2日間(短いじゃん)ほど続きまして
僕のデリケートな肌もじりじりと焦げました。

植物ってのは、みんな中学校で習ったと思いますが、「光合成」ってやつをやらかしてます。
高校で生物を習った方は、ATPがどうだのカルビン-ベンソン回路(カルビンさんとベンソンさんがそれぞれ研究して、できたからこんな名前)がどうだの炭素固定がどうだの・・・
光のエネルギーを使って、有機物を作るっていう反応なんだけどね。
この作業は、植物の生長にとっては必要不可欠な反応なんだよね。

そんなわけで、光は、植物の生長にとって、必要不可欠なもの。
今はLEDやハロゲンランプを使って、植物工場がどうとかこうとかっていう研究も進んでるわけね。
この話を書くとながーくなるから、気になる人は、いっぱい世の中に本がありふれてますので読んでください。

なんだ、話がぼやけたな。

ここ数日、日差しが強かったんだけども、おかげで、気温も上がり、地温も上がりました。
植物のすごいところは、その成長速度。

寒いときは、じーーーーーーーーーーーーっと動かないくせにさ

突然でかくなる。

巷で噂の鎌塚コーンのこれ、早出しのトウモロコシなんですが、先々週?ぐらいまで、霜に当たって、ヘニョヘニョだったのにここ数日暖かい日が続いて、光もいっぱい浴びてしてるうちに、でかくなりましたよ。
植えたころはこんなに小さかったのにね。
こんなに大きくなっちゃって・・・

僕がどれだけ、マルチをして、トンネルして、風で飛んだ日は、真っ暗になっても懐中電灯で照らしながら、えっちらおっちら、直していたのに・・・
そんなときは、これっぽっちも成長しないくせにさ、ちょっと太陽のエネルギーが増大して、日差しギラギラ、気温・地温ポカポカになったら、ぐんぐんでかくなるんだもの。

ちょっと太陽にジェラシーだな!


けど、大きくなってよかったよ!
さー!この調子でドンドン成長してよ~。
みんながおいしいやつ待ってるで!